MENU

ニキビができやすくなる!?30代で特に気を付けたいこと

 

若いころは全然ニキビに悩まされていなくても、急にニキビができ始めて困っているという人が多くいます。

 

それは洗顔ができていないわけではなく、ホルモンが影響している可能性が高いです。

 

特に30代になるとホルモンの分泌量が大きく変わるので、ニキビが急にできてしまうんです。

 

変化のあるホルモンは性ホルモンと呼ばれるエストロゲンゲスターゲンです。これらの性ホルモンは妊娠や出産、加齢などで減ってしまうんです。

 

今までニキビに悩まされていなかったのに急にニキビができ始めた

洗顔などスキンケアはしっかり行っているのにニキビができてしまう

 

と悩んでいるのであれば、ホルモンの減少が原因ではないか疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

関連記事:ピュアメイジングでニキビ跡を改善!

 

 

ホルモン以外のことにも気を付けてみよう

 

ホルモンでニキビができてしまいやすくなるのは確かなんですが、ホルモンが原因ではない場合もありますので、そういったことにも注意してみましょう。

 

30代ではホルモンの分泌量以外にも様々な変化が体に現れます。

 

例えば、代謝が低下してしまうので、20代と同じように食事をとっていると脂質や糖分が過剰になってしまい、それらがニキビを引き起こすこともあります。

 

具体的にはアクネ菌の餌となる皮脂などが過剰に分泌されてしまい、アクネ菌が増殖して炎症を引き起こしてしまうんです。

 

30歳代になったら、できるだけ炭水化物や油っぽいものは避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

また、女性だとどうしても肌の質が20代よりも落ちてしまい、それを隠すために化粧を厚塗りしてしまうことも。

 

特にファンデーションなどは洗い流すのが難しく、毛穴に詰まってしまいやすい成分が多く配合されているので要注意です。

 

できるだけ化粧は薄くして、帰宅後はできるだけ早くクレンジングをして汚れが残らないように気を付けましょう。

 

しっかり保湿してターンオーバーを促進

 

化粧を厚塗りしてしまう原因として、シワシミが挙げられます。シワやシミができてしまったら、化粧を厚塗りしてでも隠したくなりますよね。

 

シワやシミなどは肌の保湿をしっかり行うことによって防ぐことができます

 

肌の保湿で大切なのは、化粧水で水分を補ってあげることと、乳液で水分を肌の中に閉じ込めることです。

 

乾燥を防ぐのはニキビを予防するのにも役立ちます。乾燥すると毛穴に汚れを閉じ込めてしまうんです。

 

肌の保湿をしっかり行って肌のターンオーバーを促進することでシミなどの予防に繋がります。

 

ターンオーバーは肌が新しいものに生まれ変わることで、シミだけでなく様々な肌トラブルを解決してくれる大切な体の働きです。

 

保湿以外にも、日焼け対策などもシミを作らないためには大切です。30代になると肌に問題が出やすいので、スキンケアを頑張りましょう。

 

 

30代のニキビにもおすすめのピュアメイジングについてはこちら

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加