MENU

ニキビ肌を治したいなら洗顔を見直そう!上手な洗顔のやり方

 

ニキビに限らず肌トラブルを改善する上で洗顔は非常に大切です。

 

ニキビに悩んでいるのに洗顔を全くしていないという人はいないと思います。

 

それにもかかわらず、ニキビに悩まされている人の中には洗顔がきちんとできていない人が非常に多いです。

 

洗顔はするかしないかという問題ではなく、どのようにするかというのが問題なんです。

 

洗顔はちゃんとやっているから、とほかのところにニキビの原因を探すんじゃなくて、もう一回洗顔の仕方を見直すようにしましょう。

 

ここでは、どんなふうに洗顔をすればいいのかについてまとめてみました。

 

どうやって洗顔すればいいのか、何回くらい洗えばいいのか、そういったことが良くわからない人はぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事:ニキビ肌におすすめの洗顔料はどのタイプ?

 

 

どうやって洗顔すればいいの?

洗顔をするときに気を付けることをまとめてみたいと思います。

 

まず手を清潔に

 

汚れた雑巾では窓をきれいにできないのと同じで、手をきちんときれいにしていなければ顔をきれいにすることはできません。

 

特に汚いものは触っていなくても、手には細菌がたくさんついているので、そのままの手で顔を洗うと肌トラブルの原因となってしまうんです。

 

必ず手を殺菌してから洗顔をしましょう。

 

湯は熱すぎても冷たすぎてもだめ!

 

お湯の温度に気を付けていますか?お湯の温度は洗顔にとって非常に重要です。

 

冷たすぎると毛穴が閉じてしまうので汚れが毛穴に残ってしまいます。なので、ある程度お湯は暖かくなければなりません。

 

しかし、温度を高くしすぎると、皮脂を落としすぎてしまいます。

 

皮脂と聞くと、アクネ菌の餌になってしまうので少ない方がいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

 

確かに、過剰な皮脂はアクネ菌の餌となってしまい、アクネ菌の増殖を引き起こしてしまいます。

 

ですが、皮脂が不足してしまうと肌を外部の刺激から守る力が弱ってしまったり、水分を肌に閉じ込めておけなくなって乾燥してしまったりして、ニキビができやすい肌になってしまいます。

 

なので、冷たすぎず熱すぎないぬるま湯で洗顔をすることが大切です。

 

泡を使って洗顔

 

手でこすって汚れを落とそうとする人がいますが、それは大きな間違いです。

 

洗顔では肌を絶対に傷つけてはいけないので、手ではなく泡で洗うようにしなければなりません。

 

なので、洗顔料を泡立てて洗顔するようにしましょう。

 

洗う順番にも気を付けよう

洗顔ではどこの部分から洗っていますか?

 

どこでもいいじゃん!と思う人もいるかもしれませんが、実は洗う順番は大切です。

 

最初に皮脂の多いところから洗うようにしましょう。

 

皮脂が多いのはTゾーンと呼ばれる鼻筋やおでこの部分です。必ずこの部分から洗うように気を付けましょう。

 

その後で、皮脂の量が比較的少ない頬やあごなどのUゾーンを洗いましょう。

 

しっかり洗い流す

 

汚れが残ってしまったら意味がないので丁寧に洗い流しましょう。

 

とはいっても、熱いお湯を使ってはいけません。ぬるま湯で洗い流すように心がけましょう。

 

 

何回洗顔すればいいの?

 

洗顔をやりすぎると皮脂や角質を取り除きすぎるので、回数は2回がおすすめです。

 

2回丁寧に泡で洗顔すればきれいに顔を洗うことができます。

 

くれぐれも強くこすったり、何度も洗ったりしないようにしましょう。

 

 

どんな洗顔がだめなの?

 

では、逆にどんなことをしてはいけないんでしょうか。それは、皮脂を取り除きすぎることです。

 

洗顔方法を見直すときに、洗いすぎに気を付けるというのは変な感じかもしれませんが、ニキビに悩んでいる人は洗顔をしすぎる傾向にあるので、とにかく洗いすぎには気を付けてください。

 

ぬるま湯を使ってしっかり泡立てて洗顔をしているのであれば、汚れを落とせないことはありません。

 

もし汚れを落とせないのであれば、メイクなどの頑固な汚れなので、クレンジング剤やメイクの濃さを見直す必要があります。

 

また、洗顔後のケアにも気を付けましょう。ピュアメイジングであれば、化粧水、美容液、乳液等の複数のケアをこれ一つで賄うことができます。

 

時短にもなり、とても便利ですよ。

 

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加