MENU

ニキビを治したいなら豆乳がおすすめ!

 

ニキビができてしまうのにはいろんな理由が考えられます。

 

例えば、皮脂などの汚れが毛穴に残ってしまっていたり、ホルモンバランスが乱れてしまっていたりなどが挙げられます。

 

その他にも、食べ物や飲み物に原因がある場合もあります。体は食べたもので作られているので当然と言えば当然ですが…。

 

特に気を付けていただきたいのが、牛乳です。牛乳は給食で毎日飲まされていたので、体にいいと思い込んでいるかもしれません。

 

確かに、カルシウムなど栄養素は豊富なんですが、ニキビに悪影響を与える可能性があるんです。

 

そこでおすすめなのが、豆乳を飲むことです。豆乳はニキビに良い効果があり、ニキビに悩まされているのなら牛乳を飲むのではなく、豆乳を飲むほうがいいです。

 

 

どうして牛乳はニキビに悪影響があるの?

 

豆乳がどうしてニキビに良いのかについてまとめる前に、どうして牛乳がニキビに悪影響を及ぼすのかの説明をしたいと思います。

 

脂肪分が多すぎる

牛乳はとても脂肪分が多いんです。低脂肪乳が作られていることからも予想ができるかもしれませんね。

 

脂肪分は皮脂の材料となるので、牛乳を飲みすぎてしまうと皮脂の分泌量が多くなってしまい、その皮脂を餌とするアクネ菌が増殖してしまうんです。

 

アクネ菌が増殖してしまうと、炎症が起きてニキビができてしまいます。

 

また、アクネ菌が増えなくても、皮脂が酸化してニキビができてしまうこともあります。

 

アレルギーの人も少なくない

 

実は、日本人の体に牛乳は合わないことが多いんです。

 

はっきりとアレルギー反応を起こしていない人でも、牛乳があっていないという人もいるんです。

 

牛乳が体に合っていない人が牛乳を飲むと、腸の働きに悪影響を与えます

 

どうしてアレルギーがニキビに関係あるのか、ということですが、ニキビや肌荒れなどは腸と深い関係があります。

 

腸は栄養を吸収する部分で、腸で吸収された栄養は体中に送られていきます。

 

もし腸がきちんと働いていなければ、きちんと栄養が吸収されず、体に栄養素が行き渡らなくなってしまうんです。

 

肌ももちろん栄養によってつくられますし、ビタミンなどの働きによって免疫力が高められていたり、調子が整えられていたりします。

 

当然そういった栄養が不足してしまうとニキビや肌荒れになってしまうというんです。

 

ホルモンバランスを乱す可能性がある

 

大雑把にいうと、女性ホルモンは肌をきれいにしたり、バストアップ作用があったりして、男性ホルモンは筋力の発達を手伝うなどの働きがあります。

 

ニキビについては、女性ホルモンが不足してしまうことが問題で、男性ホルモンが多いと皮脂の分泌などが増えてしまい、ニキビの原因となります。

 

牛乳を飲むと男性ホルモンに女性ホルモンが変えられてしまうのでホルモンバランスが乱れ、ニキビができてしまうんです。

 

男性ホルモンも女性ホルモンも体に必要なものなんですが、そのバランスが大切なんですね。

 

 

どうして豆乳はニキビケアに効果があるのか

では、どうして豆乳はニキビケアに効果があるのかについてまとめてみたいと思います。

 

胃腸の働きを良くしてくれる

 

牛乳が腸の働きを妨げてしまう可能性があるのに対し、豆乳は胃腸の働きを改善することが知られています。

 

腸の中には善玉菌と呼ばれる菌がいて、この善玉菌によって腸の働きが促進されます。

 

豆乳に含まれるオリゴ糖は善玉菌の餌になることで善玉菌の増殖を助け、結果として腸の働きが良くなるんです。

 

女性に多い便秘も豆乳を飲むことで改善されることがありますので、便秘に悩まされている人にも豆乳はおすすめです。

 

肌の調子を整えるビタミンも豊富

 

肌の免疫力を高めたり、肌の調子を整えたりするうえで欠かせない栄養素がビタミン類です。

 

アンチエイジング効果のあるビタミンEなども豊富で、美容・健康にいい効果が期待できます。

 

また、栄養を体に届ける上で非常に重要な血流改善にも有効なビタミンも含まれています。

 

 

まとめ

牛乳と真逆のようにニキビに良い効果を持っている豆乳ですが、当然過剰摂取をしてしまうと肌にも健康にもよくありません

 

あくまで適量を飲むようにして、他のスキンケアもしっかり行うようにしましょう。

 

 

関連記事

ピュアメイジングの口コミと効果を報告

ニキビに効く食べ物のおすすめと、ニキビに悪い食べ物

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加