MENU

ピュアメイジングでニキビ跡を改善!ニキビ跡の原因と正しい対処法とは?

 

ニキビが治っても残っているニキビ跡は気になるものです。目立たなくさせる効果的な方法はあるのでしょうか?

 

ニキビ跡の原因を知ることによって、正しい対処法を身につけましょう!

 

 

ニキビ跡の原因とその種類

 

ニキビ跡の原因は、肌の同じ場所に何度もダメージが加わることにより、肌の組織の深いところが壊れてしまうことにあります。

 

ダメージが深いことにより、ニキビそのものは治っても皮膚が治りきらず、ニキビ跡となって肌に残ってしまいます。

 

ニキビ跡には、

 

  1. クレーター状態
  2. 赤みが残った状態
  3. 色素沈着した状態

 

の3種類があります。

 

どの種類のニキビ跡にも共通して言えることですが、ニキビ跡を改善させるために必要なことは、ニキビ自体へのケアよりも、肌の健康状態を改善することが第一であるということです。

 

肌の健康状態を改善させることは、皮脂の分泌異常を防いだりアクネ菌の暴走を阻止することにつながり、肌を更なるダメージから守ることができます。

 

また、健康状態の肌は正常なターンオーバーを繰り返し、肌に残ってしまっているダメージの軽減をサポートします。

 

 

ニキビ跡を治すための対処法

では、具体的にどのような点に注意して肌を改善していけばいいのでしょうか?

 

紫外線などの刺激を避ける

 

ニキビ跡やニキビケアには、日中なるべく紫外線に当たらないように気をつけましょう。紫外線を浴びることにより、肌のダメージ部分に色素沈着が起こりやすくなります。

 

また、ニキビを手でしつこく触ることも避けましょう。刺激によるダメージや、手についた菌による炎症の悪化が考えられます。

 

ニキビの炎症が繰り返されたり、長引くと、ニキビが治っても跡になってしまう要因となる可能性があるので、ニキビは気になっても触らないようにしましょう。

 

ターンオーバーを促進する

 

目立つニキビ跡が増えてしまったり、ニキビが繰り返しできるという方は、生活習慣の改善をおすすめします。

 

肌の機能が乱れ、正常なターンオーバーが行われていない可能性が高い状態のお肌と言えます。このような場合は、肌の生まれ変わる力を底上げすることが、ニキビ跡への最も効果的な対処法となります。

 

年齢を重ねるほど肌のターンオーバーを行う力はどんどん弱くなっていってしまうので、乱れた生活習慣を長く続けている方は特に注意が必要です。

 

「ストレスを抱え込まない」「適度な運動をする」「野菜を取り入れたパランスの良い食事をとる」「十分な睡眠」を心がけ、正しい生活習慣を取り入れましょう。

 

生活習慣の中でも、肌にとって特に大事なのは良質な睡眠です。肌の再生を促す成長ホルモンがしっかりと分泌されるように、十分な睡眠をとりましょう。

 

生活習慣が乱れ、睡眠も不規則だった方は、睡眠を見直すだけでも肌の質感がしっとりと変わってくることを感じることができるでしょう。

 

 

正しい洗顔と肌ケア

 

ニキビは皮膚にアブラが多いとできやすいイメージですが、ある程度の皮脂は肌を健康に保つために必要なものです。

 

皮脂を除去し過ぎることにより、逆に皮脂の分泌異常が起こり、油分が過剰に出てきてしまいます。

 

また、乾燥もニキビ肌の大敵なので、洗顔後の保湿は十分に行って下さい。

 

健康状態の肌にするために、洗顔料は汚れはしっかりと落としつつも、皮脂を除去し過ぎないもの、できれば、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムなど)が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

洗顔後の保湿は十分に行う必要があるのですが、化粧水、乳液、美容液…と重ね付けしていくと、どうしても肌に何度も触れてしまうので、刺激によるダメージが心配です。

 

なので、ニキビ跡が気になる方におすすめの洗顔後の肌ケアはオールインワンタイプです。

 

ただし、オールインワンには保湿効果が十分ではないものもあるので、自分に合ったオールインワンを探すのは少し大変かもしれません。

 

ちなみに、私のおすすめは『ピュアメイジング』というオールインワンです。これ一つで12役の肌ケアを一気に行うことができます。

 

ピュアメイジングはニキビとシミの両方に効く成分が配合されているので、ニキビやニキビ跡に悩む方に特におすすめのスキンケア商品です。

 

 



⇒【最安値】ピュアメイジングキャンペーンページはこちら

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加