MENU

ピュアメイジングの全成分・効果をチョーかんたんに解説!

ピュアメイジングの全成分・その効果をチョーかんたんに解説!

 

ピュアメイジングはどんな効果がある成分が配合されているのか?

 

長い説明はされる側もめんどくさい!
ピュアメイジングの全成分を超かんたんに一言で解説します!

 

全成分はこちらです。

プラセンタエキス、アラントイン(有効成分)
アルニカエキス、オトギリソウエキス、加水分解シルク液、カモミラエキス、シナノキエキス、スギナエキス、西洋ノコギリソウエキス、セージエキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカエキス、油溶性シコンエキス、加水分解コラーゲン末、水溶性コラーゲン液、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム、アルブチン、グリセリン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、スクワラン、トレハロース、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、1,2- ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、精製水、フェノキシエタノール

 

有効成分

プラセンタエキス・・・シミ・そばかすを防ぎ、美白効果や代謝機能を高める効果
アラントイン・・・カタツムリエキス。組織修復、炎症抑える。ニキビ治療薬にも配合されている

これらは、国から効果を認められているということで期待大です。普通の「化粧品」よりもランクが上です。
ニキビを治すことを目的とした商品で有名なプロアクティブも医薬部外品なんですよ。

 

 

シコンエキス

ピュアメイジングのイチオシの成分が「紫根エキス」です。抗菌、抗炎症作用、皮膚活性化作用、シミやシワ予防効果と、ターンオーバーの促進作用があります。

 

某TV番組では、肌がボロボロだった女性が紫根化粧水を使用して、見た目年齢が20歳以上も若返って一時話題になったんだとか。

 

 

中身は、ほんのり薄紫色をしています。これは紫根エキスの紫色です。

 

 

その他の成分

美容、保湿効果的な成分

アルニカエキス...消炎作用や傷を治す作用
オトギリソウエキス...抗炎症効果
加水分解シルク液...保湿効果や被膜形成効果
カモミラエキス...保湿・潤いを保つ、ハリ弾力UP
シナノキエキス...消炎、血行促進効果、抗酸化
スギナエキス...保湿、収れん効果
西洋ノコギリソウエキス...保湿、消炎、抗酸化
セージエキス...消炎、防腐作用
ゼニアオイエキス...保湿、抗酸化
トウキンセンカエキス...消炎作用や傷を治す作用
加水分解コラーゲン末...潤いを与えて守る
水溶性コラーゲン液...保水力・潤いを保つ
加水分解ヒアルロン酸...保水力・潤いを保つ
ヒアルロン酸ナトリウム...保水力・潤いを保つ
アルブチン...メラニンの生成を抑える、美白
グリセリン...保湿、液体の凝固を防ぐ

コメヌカスフィンゴ糖脂質...保水、外から守る
スクワラン...水分の蒸発を防ぐ
トレハロース...保湿、外から守る
水素添加卵黄レシチン...水分保持・保湿、乳化剤にも
卵黄リゾホスファチジルコリン...保湿、乳化剤にも

 

添加物的な成分

1,2- ペンタンジオール...保湿、抗菌
1,3-ブチレングリコール...保湿、抗菌
プロピレングリコール...保湿、乳化、抗菌
カルボキシビニルポリマー...粘り気を出す増粘剤
水酸化ナトリウム...増粘、乳化の安定
精製水...不純物を取り除いた水
フェノキシエタノール...防腐剤

 

ちなみに、これは配合されている量の順ではありません。
医薬部外品は、表示順番は自由だからですね。

 

並べて書いてみると、「保湿」や「消炎(炎症をしずめること)」がめちゃくちゃ多いですね。素人目にはどんだけ保湿成分入れてんの?と思うかもしれませんが、開発者が考えて入れているものなので。。。

 

添加物系のものも安全性が高いもののみを使用している感じなので、肌にはかなり優しいと思います。

 

ちなみに、一番推している「シコンエキス」は、大人気商品「シミウス ホワイトニングリフトジェル(メビホワ)」よりも多く入っています。迷ったらピュアメイジングを買った方がお得です。

 

【最安値】ピュアメイジングキャンペーンはこちら

 

 

関連記事

ピュアメイジングの口コミ!悪い効果もリアル報告

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加