MENU

ピュアメイジングの色素沈着を防いでシミを改善する効果とは?

 

多くの女性が白く美しい肌に憧れていますが、それを邪魔するのがシミですよね。
色素沈着によって肌が茶色くなってしまうので、非常に見た目が悪くなってしまい、気になって仕方がないと思います。

 

一度できてしまうとなかなか改善できないのですが、色素沈着に効果のある化粧品もいくつかあります。

 

その中でもお勧めなのが、ピュアメイジングです。ここでは、どうやってピュアメイジングがシミを改善していくのかを書きたいと思います。

 

 

シミはどうしてできてしまうの?

 

ピュアメイジングの効果がどのようなものかの前に、シミがどうしてできるのかを説明したいと思います。

 

様々な原因でシミはできてしまうので、その原因によってシミを分類することができます。

 

 

まず、炎症性色素沈着と呼ばれるシミは、ニキビなどの肌トラブルによる炎症が原因となって色素沈着が起きてしまうシミです。
炎症の原因となる肌トラブルを防ぐことが重要となります。

 

次に、老人性色素斑は日焼けなど紫外線によってつくられるシミのことです。
シミと言えばこのシミを想像する人も多いと思います。
このシミは紫外線から肌を守ってやることが大切です。

 

最後に、肝斑と呼ばれるシミについてです。
このシミは刺激によって作られてしまうのではなく、女性ホルモンのバランスが乱れるのが原因となってしまって引き起こされます。
肝斑を防ぐためには、女性ホルモンの乱れる原因となるストレスなどを取り除くことが大切となります。

 

肝斑は少し例外的なシミなのですが、他のシミはメラニン色素が肌を守るためにできてしまい、肌が茶色になってしまうのです。

 

メラニンはもともとは外部から肌を守る働きがあるので、紫外線や炎症などから肌を守ろうとしている結果できているものなのですが、これが肌に残ってしまうとシミになってしまうのです。

 

メラニンを作らないように、炎症や紫外線から肌を守ることも大切なのですが、メラニンがきちんと役割を果たした後に体外へと出ていけるようにしてやることも同じくらい大切です。

 

ターンオーバーという、肌が新しい細胞と入れ替わり、古い肌を垢として体外に排出する働きがあります。
本来はこのターンオーバーによってメラニンの含まれる肌も垢として代謝されるんです。
しかし、加齢やストレスなどによってこのターンオーバーが乱されたり、停滞してしまったりすることがあります。

 

そうなってしまうとシミができてしまうんです。
なので、メラニンができてしまわないようにしながら、このターンオーバーを促進してやることが大切なんです。

 

 

ピュアメイジングはどうやってシミを改善するの?

 

シミを防いだり、解消したりするためにはメラニンの生成を抑えること、肌のターンオーバーを促すことが大切なのですが、ピュアメイジングはどうやってシミを解消するのでしょうか。

 

まず、メラニンを作る原因である炎症を防ぐために、アラントインが含まれており、ニキビなどがシミを引き起こすのを防ぐことができます。

 

外部からの刺激が色素沈着を引き起こすので、その刺激から肌を守るバリア機能を高めるためにコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分もしっかり配合されています。
また、保湿はターンオーバーを正常に行わせるためにも非常に重要です。

 

ターンオーバーはシミだけに限らず、ニキビなどの肌トラブルを解消するためにも非常に重要な働きです。
そのターンオーバーをより促進してやるにおすすめなのが、ピュアメイジングを用いたマッサージです。
もともと、オールインワンジェルであるピュアメイジングは様々な用途で使うことができます。
化粧水や美容液、乳液など様々な化粧品の役割をピュアメイジングはひとつで担うことができるんです。
ピュアメイジングをマッサージクリームとして使うことで、シミ改善に有効な成分を肌に取り入れながら、代謝を向上させ、ターンオーバーも促進させることができます。
(参考:ピュアメイジングのもっと効果的な使い方はあるの?!

 

つまり、ピュアメイジングだけでシミの原因をほとんどすべて対処できるんです。

 

また、肝斑についても完全に消し去ることは難しいですが、悪化を防いだり、薄くしたりする程度ならできます。
まず、ターンオーバーは肝斑を薄くするためにも大切ですし、肝斑自体はほかのシミとは違う原因で引き起こされても、他のシミの原因となる外部からの刺激などで悪化するので、バリア機能の向上は肝斑のケアでも非常に大切なんです。

 

 

ピュアメイジングの最安キャンペーンページ



⇒【最安値】ピュアメイジングキャンペーンページはこちら

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加